収入増加の効用は年収800万円を超えても弱まらずに続く

橘玲氏の本によれば、
人の収入の増加による限界効用(これ以上増えると増加による幸せは大して感じなくなる地点)は、
一人で年収800万円、一世帯で1500万円らしい。
これ以上は年収が増えても効用(嬉しさ)は殆ど変わらないと言う。

が、これは間違ってると思う。
きっと、1ヶ月数万円程度の収入増加に対する効用は殆ど変わらなくなるだろうが、
それが1ヶ月で数十万〜数百万円の増加なら、年収800万円の人だって大きく効用は感じると思う。
それにそうでなければ、年収800万円以上の人間は殆ど存在しない事になる。
なぜなら、幸せを感じないのにどこまでも苦労して収入を増やそうとはしないからだ。
ドMで自分を追い込み続けるのが趣味で無い限り。
年収が800万円を超えても更に、一人で1500万、5000万、1億、5億と増やしていくのは、
収入増加による効用を感じてるから以外に理由は無い。

但しその収入増加のスピードが1ヶ月で数万円程度だとその増加に幸せは対して感じない、
収入が高くなる程、効用を感じられる収入増加量も高くなる、と言う事だと思う。