不良を良い人と言うバカ

『架空請求業者はどれだけ泣いたら許してくれるのか?』
というユーチューバーのワタナベマホトの動画(https://www.youtube.com/watch?v=uj_yQveSjes)があって見てみたろ、
騙されたふりで泣き真似をしてる最中に、架空請求業者に
「いつまで踊ってるの?」
と、電話してる人間がユーチューバーで、泣き真似をしている事を見破られ、突っ込まれる。

そしてその後は

「(架空請求業者は)いくら稼げるの?」

とか、架空請求業者に名前(偽名)を名乗らせて、それ以降は架空請求業者を名前で呼び、
お互い罵倒し合うような事も無くフレンドリーな会話を続けて終了。

そしてこの動画へのコメントには
「(架空請求業者)優しい」
「(架空請求業者)良い人なの?」

とかの書き込みが多数。

この書き込みをした人に問わず、
世の中には表面的、ほんの一時的、ほんの一部分の優しい面を見ただけでその人を良い人だと思う人が数多くいて、
「えっ? 本当にそう思ってるの??」
って思う事がよくある。

かなり昔、TVのダウンタウンDXで土屋アンナがダウンタウンに「不良っぽい」といじられ、
それに対して本人は

「~~~~。でもヤンキーは良い人だし。」

とさり気に言った事があり、
はぁ~~、こいつもか・・・、と失望した事があった。

なんでもっと人の事を深く冷静に考えられないのだろう、と思う。
悪い人は、【今】、【あなた】に対して、【数秒~数分の会話】では優しい言葉を放ってるかもしれない。
でもそいつは世間から【悪い人】と評価されている人間で、それには【悪い事をしてる】からという理由がある。
そして【悪い事をしてる】と言うことは、その【被害者がいる】。
【今】はその【悪い事】が見えていないかもしれないし、
【あなた】は【被害者】にならないかもしれないが、
でもそいつは間違いなく世の中に【被害者】を生み出す【悪い人】で、
そいつを人前で肯定したりそいつと仲良くする事は間接的に
【被害者】を生み出す【悪い事】の手助けをしてるとも言える。
数年前に出来た暴力団排除条例は、まさにそれを食い止める素晴らしい条例だ。

やめてもらいたい、悪い人を良い人と勘違いする、その間違った考え方。
TVというメディアで「ヤンキー良い人」発言をした土屋アンナにしては、最悪だ。
ヤンキーに悲しい思いをさせられた人がそれを見たらどう思うだろうか?

別に、元ヤンキーの友達もいるし、悪い事をしてた(今もしてるかも)友達もいるし、
ヤンキーや悪い人に何かされたから大嫌いってわけでも無いが、
でも悪い人は悪い人、関わるべきじゃないし、肯定するなんてもってのほかだと思う。
自分の為にも、社会の為にも。

「自分は悪い事されてないし~」「遊んでて楽しいし~」
って気持ちで悪い人と平然と仲良くする人が消えないのもわかるが。
そのレベルの人間でいちゃ、大きな幸せ、大きなものをこの社会で掴むのは無理だと思う。