日本人のデザイン感は視野が狭い

日本人のデザイン感は視野が狭いと思った。

まずそう思った理由は、自分の趣味である車とバイクの見た目重視の改造車についてだ。

まずバイク。

バイクの改造車と言えばワルの車、と言うことで日本車の改造車=族車とする。

族車と言えば色々パターンはあるが、派手な王道で言えばロケットカウル、アップハンドル、三段シート、ロングテールだ。

これら、一つ一つのパーツ自体はどれもカッコいいのだが、問題はその付け方。

ロケットカウル~ボディー本体のボディーライン~ロングテール、への全体のラインが、どうにも汚くつける人間が非常に多い。

ありがちなのは、ロケットカウルを更にステーでぶち上げ、ロングテールをステーで更に角度を急にする。

これをするとロケットカウルのインパクトや、テールの反り上がりのインパクトは強くなるが、全体のラインは完全に崩れる。

アップハンドルもそうだ。

アップハンドルはフロントフォークのラインと角度を合わせると綺麗なラインが出来るが、それより持ちやすさを重視してハンドルの角度を大きく倒してるバイクが多く、綺麗なフォークからハンドルへのラインを作ってる族車は少ない。

これが海外の、アメリカンの改バイク造車なら違う。

フォークを伸ばしてようとそのままでようと、フォークの角度よりハンドルの角度が倒れてるバイクは無く、シーシーバーを無理に更にそり上げてるバイクも無い。

全体で見て凄くラインが綺麗でまとまっている。

車もも同じ。

日本車なら激しいのはVIPカー・ヤン車と言われる車だが(スポーツカーは性能重視の改造なので省く)

これも同じ。

目立ちたい事に捉えられすぎて全体のバランスを崩したほどデカいエアロやオーバーフェンダー。中にはスーパーカーの改造パーツを数多く手がけてるメーカーもあるが、フェラーリやランボルギーニなど多大なお金をかけたデザインを思いっ切り狂わすようなパーツを自信気に作ってる。そのヤン車スタイルがどうしても好きなのはわかるが、超高額がかかってる本来のデザインを崩してるそのルックスは残念としか言えない。

日本人は島国だから視野を広く大国の事を知れない、なんて言葉があるが、デザイン感についても全く同じく、視野が狭すぎる。