SかMかの見分け方、刺激に対する耐久性編

SかMかの見分け方、強い刺激を受けるか、生み出すかに対する気持ち・耐久性編

受身になって受ける強い刺激に耐えられるのはM
例えば、刺青を彫る行為、絶叫マシンに乗る行為。
これらは自分は完全何もせず、とにかく強い刺激を受ける行為だ。
この行為を好んで耐えられるのはM。

自分で意識的に強い刺激を作りにいけるのはS
例えば、バイクや車で危険なハイスピードを出す行為、高負荷の筋トレをする行為。
これらは自分の意思・行動があって生まれる強い刺激だ。
この行為を好んで行えるの