SかMかの見分け方、刺激に対する耐久性編

SかMかの見分け方、強い刺激を受けるか、生み出すかに対する気持ち・耐久性編 受身になって受ける強い刺激に耐えられるのはM 例えば、刺青を彫る行為、絶叫マシンに乗る行為。 これらは自分は完全何もせず、とにかく強い刺激を受ける行為だ。 この行為を好んで耐えられるのはM。 自分で意識的に強い刺激を作りにいけるのはS 例えば、バイクや車で危険なハイスピードを出す行為、高負荷の筋トレをする行為。 これらは自 […]

出会い、交際、恋愛活動成功率20%説

パレートの法則でもある、人間は8:2に分かれるという法則があるが、この8:2の割合、良いものは20%と言う数字はかなり色んな時に当てはまると思う。 例えば恋愛での各活動時の成功率。 例えば、キャバクラなど行けば、大衆店でも高級店でも5人に1人は見た目も中身も好みな子が付くし、そこで連絡先交換をした5人のうち1人は他より少し特別な関係になる。 言い方を変えれば、例え絶対当たると思っても5分の4は外れ […]

答えがはっきりしてない事を聞かれた時の駄目な店員の返し

よくある流れ。 「○○の待ち時間、どれくらいですか?」 の質問に対して、 「何とも言えません」 としか言わない店員。 はっきり言って能無し、稼げる人間になる気配無し。 答えがはっきりしておらず、はっきりした答えを断言できないのは、客だってわかる。 そんな事は世の中に沢山ある。 でも、そうだとしても、簡単な目安でも欲しいから客は聞いてる。 「全くわかりません」 誤差数分~数十分、誤差1~2時間以内の […]

日本車がダサい理由

日本車はダサい、本当に、特にトヨタ。 全車種とは言わないし、大衆向けに大量の車種を作ってるからダサいのが生まれるのもわかるが、それにしても高級車から売れっ子大衆車まてしっかりダサい。 その理由をデザインから、ダサい車しか作れない心理を考えた。 まずダサい日本車達の特徴。 ■特徴1 シンプルなデザインをしてない 新しめのモデルのプリウスや、新型スープラが一番いい例。 昔のようなシンプルなヘッドライト […]

殆どの業者はくだらんサービスでお金を取る

世の中の殆どの業者はビジネスセンスが無い。 開業した企業の96%が廃業するなんて有名なデータもあるが、それがまさにその証拠だ。 そしてそうゆうビジネスセンスの無い業者は、くだらんしょうもないサービスにも値段をつけて小金を稼ごうとする、意地汚く。 商売してる以上、自分が行うどんなサービスに値段を付けてもいいし、チリも積もれば山となる精神で小さな売上を大切にしてもいい。 でも、くだらんしょうもないサー […]

SかMかの見分け方、我慢タイプ編

人がSかMかを見抜く我慢タイプの違い。 長期的な我慢に耐えられるのはM。 強い我慢に耐えられるのはS。 筋トレで 10レップが限界の重さで10レップする事を好むのはM 6レップが限界の重さで6レップする事を好むのはS

SかMかの見分け方、頭脳編

人がSかMかどちらが強いかの見分け方。 それは頭脳のタイプで判断出来る。 記憶力が優れてるのはM 思考力が優れてるのはS。 女性は地理について、地図を読むのは苦手だけど、 歩いてきた道はどこで曲がったかとか目印を覚えるから元の場所には戻る事が出来るのが特徴。 完全に記憶力タイプ、Mタイプ。

SかMかの見分け方、会話編

人がSかMかどちらが強いかの見分け方。 喋る人と聞く人、 それは喋りたがりと聞き上手でなりたってる。 この 喋りたがりはM 聞き上手はS 女性は基本Mが多いけど、 やっぱよく喋るでしょ?

SかMかの見分け方、五感編

人がSかMかどちらが強いかは 五感でわかる。 視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、 どれがよく働き分析力に優れてるか? それでわかる。 視覚、聴覚が優れてるのはS要素、 嗅覚、味覚が優れてるのはM要素、 触覚は判断がわかりにくいし主に味覚と同じなので無視していい。

人間のレベル分類は6段階が丁度いい

人間、上の上、下の下、とかレベルを分類する時があるが、 その分け方は6段階が丁度いいと思った。 6.上の上 明らかに良いし最高レベル 5.上の下 明らかに良い 4.中の上 どちらかと言えば良いが危うい 3.中の下 どちらかと言えば悪いがチャンスあり 2.下の上 明らかに悪い 1.下の下 明らかに悪いし完全レベル 男のルックスのカッコ良さで言えば 6.好みがあれど誰もが凄く良いと認められる/髪型問わ […]

1 3 7