クラウドファンディングをカンパのように使う奴

コロナ禍になり飲食業やサービス業は経営が苦しくなったが、それに伴いクラウドファンディングと言うお金集めを、まるでカンパを集めるように使う店舗が出てきた。
店を存続する為にお金を支援ください?
それクラウドファンディングでやるべき事か?

1人や元々の仲間内の資金だけでは絶対できない大きな事を、他の一般人から支援を募って皆の力を借りて作り上げ、支援者にバックされるメリットはそれを一緒に作り上げたと言う事実と達成感、それがクラウドファンディングだと思う。
店の存続の為に…じゃあ支援者はクラウドファンディングらしい何をバックして貰える?
自分が見たのでは、キャバクラ・ガールズバー・メイドカフェ等の店舗存続を目的としたクラウドファンディングで、支援者にバックされる物はその後の店での割引券だと言う。
それ、ただのカンパじゃん。
ただ割引券を高値で買ってるだけじゃん。
それ、もし支援金が目的額集まらなくても、経営者は関係無く頑張って店舗存続しようとしてる訳でしょ?
支援金が無くても普通に店舗が存続してる可能性も多くあるでしょ?
ならただのカンパじゃん、それ。
都合良くクラウドファンディングを使い過ぎ、勘違いし過ぎだよ。
何か自分らだけの絶対に力でできない事をやる為にクラウドファンディングは使えよ。